勇気を出して被害を訴えても、加害者はこちらの言葉をまともにとりあわず都合のいい言いわけで逃げがち。そんな言葉を真に受けると精神的ダメージをくらってしまいます。でも、セクハラ加害者の言いわけにはお決まりのパターンがある! あらかじめ知って構えておけば、そんなぺらぺらの「口撃」なんかに心傷つかずにいられます。反射的に反論を打ち返せるようになるまで反復しましょう。ぜひプリントアウトして丸暗記してみてくださいね。

   

※ 2022.9追記 この「言いわけ集」は本件深沢の事例を参考に作成しているため、男教員→女学生へのセクハラが前提となった発言が多く含まれています。適宜、自分に合うように応用してください。 

   

*PDFダウンロードできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。