勇気を出して被害を訴えても、加害者はこちらの言葉をまともにとりあわず都合のいい言いわけで逃げがち。そんな言葉を真に受けると精神的ダメージをくらってしまいます。でも、セクハラ加害者の言いわけにはお決まりのパターンがある! あらかじめ知って構えておけば、そんなぺらぺらの「口撃」なんかに心傷つかずにいられます。反射的に反論を打ち返せるようになるまで反復しましょう。ぜひプリントアウトして丸暗記してみてくださいね。

 

*PDFダウンロードできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です